2005年09月12日

ももぺ、焦る、でちぃ!

ももぺ「はうえうあぁぁぁ!」
 ネタがないのでちぃぃぃヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
 しかも
ももぺ「2週間もおさぼりしたのでちぃぃぃ!」
 と、とりあえず、なんとか記憶を引っ張り出して、こりまでに起こった出来事を……。
えるるん「またそのパターンかよ」
 へうっ! えるるんにつっこまれまちた。
ももぺ「だってだってだって〜、覚えてないものは覚えてないのでちぃぃぃ!」
えるるん「仕方がない」
 ほぺ?
えるるん「ならば思い出してやろう!」
 ということで、今回はえるるんに助けてもらうことにしまちたでち。
えるるん「ところで、ももぺちよ」
ももぺ「ほぺ? なんでちか?」
えるるん「モンクのレベル上げ、はやすぎるんじゃ〜〜〜〜〜〜!」
ももぺ「そんなことはないのでち!」
 ももぺちはいたってふつーなスピードでレベルをあげているでちよ。
えるるん「ほほー。ならば問おう。ももモンク、前回のレベルは?」
ももぺ「んとんと…。8月の28日でLv37でちた」
えるるん「今のレベルは?」
ももぺ「43でちぃ( ´∀`)」
えるるん「2週間でレベル6つもあげるな〜! 黒魔で付き合うこっちの身になれ〜〜〜」
ももぺ「でもでも、一緒にやってたはずのぐれいしゃんは48でちよ!」
えるるん「あの人は別格(きっぱり)」
ももぺ「差別でちぃぃぃ!o(`ω´*)o」
えるるん「てか、ももぺちよ」
ももぺ「ほぺ?」
えるるん「召喚士は?」
ももぺ「……(;・ー・)」
えるるん「目をそらすな」
ももぺ「た…タルタルは進まねばならないときは進まねばならないのでちよ(;・ー・)」
えるるん「おれはヒュームだ」
 えうあぁぁぁ〜〜〜〜。
えるるん「だいたいネタがないと言ってるが、あるだろう!」
ももぺ「ほぺ、なにがありまちか?」
えるるん「すももんの柔術着!」
ももぺ「…………おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」
 ちなみに柔術着とありまちが、召喚士専用柔術着(正式名:陰陽師浄衣)のことでち。
 この柔術着、ロ・メーヴのShikigami WeaponというNMが(たまに)ドロップするのでちが、説明によると最初、姿が見えないんだそうでち。ので、魔法に反応するウェポン族の特徴をつかって、簡単な魔法を使い、NMの姿を出させるのだそうでち。
 んでもって、姿がでてから釣る(ことができる)のでち。
 とりあえず、どんなもんでちかねぇ〜ということで、すももん情報によるぷっぷ(訂正:ポップ)時刻にロ・メーヴにむかいまちた。
ももぺ「うお〜〜〜〜〜!」
 いつもは空に行く途中の通り道でしかないロ・メーヴに、人が人が人が〜〜〜〜〜〜!
ももぺ「密集しているのでちぃぃぃ!」
 1回目は釣り負け。2回目は釣り勝ったもののドロップせずという残念な結果になりまちた。
 その後、ももぺちがいない間に、すももんは無事柔術着をゲットしたそうでち(おめでとなのでちぃぃ!)。
ももぺ「ももモンク(柔術着着用)と並んでみたいでちぃ(〃 ̄ー ̄〃)」

ももぺ「おおおう! ネタができてるのでち!」
えるるん「ほらみろ、あるじゃないか」
ももぺ「あい、できまちたなのでち。えるるんありがとなのでち」
えるるん「うむ」
ももぺ「また何かあったら、ネタ(考えて)くださいなのでち」
えるるん「俺はネタ帳じゃね〜〜〜〜〜〜〜!」
ももぺちの次回予告:ぐれいしゃんを追っかけろ、でちぃ!
posted by momope at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ももぺち話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。