2010年10月14日

ももぺ、ついに! ついになのでちぃぃぃ、でち!

 しゃきーーーーんなのでち!
ももぺ「えっへん! 忍者のレベルが42になったのでありまち! (`・ω・´)」
 ももぺち、がむばりまちた!
ももぺ「ももぺち、偉いのでちぃヽ(´ー`)ノ」
「だったらさっさとやれよ!」と言われそうなのでちが、ももぺち的には「よくやった、えらいぞももぺち!」レベルのひじょーにグレイトなことなのでありまち!
えるるん「ついでにさっさと49まであげた方がいいんじゃね?」
 うっ……、でち
ももぺ「そ、そりは後日、ももぺちの気力とやる気が充填した時にヽ(;・ー・)ノ」
えるるん「目をそらすな( ̄− ̄)」
 ううっ…、でち
ももぺ「ほらほら、まだ次のばーじょんあっぷもわからないでちからね、のんびーりやるでちよ〜ヽ(;・ー・)ノ」
えるるん「それで、また『やる気が起きないでち』ってネタをやるつもりか?」
ももぺ「そんなことないのでち! とってもないのでち!(なんでバリたのでちかっ!!)」

 なにはともあれ! こりでサポ割れの心配はなくなりまちたので、早速あびせあにいってきまちた。もんきゅで!
 しかし……
ももぺ「レベルがざっくざっく上がるのはうれちいのでちが、スキルが、スキルが……でち(つд・)」
 そりでも何とか格闘スキルは300を越え(まぁ、めりぽでブーストしてたのもありまちが)、なんとか新しいWS『とーこんれっぷーあし(闘魂旋風脚)』を覚えることができまちた。が
ももぺ「そーりゅーきゃく(双竜脚)と似ているでち(´・ω・`)」
 そりは言わないお約束なのだと思うのでちが、そう思ってしまうももぺちなのでち。

 さぁ、こりで心置きなくお侍のレベル上げも……
えるるん「戦士(ぼそっ)」
 うぐっ!
えるるん「シーフ(ぼそっ)」
 うぐうぐっ!

 前衛ジョブを上げるには、まだまだ先が遠いももぺちなのでちた、もぺ

ももぺちの独り言:「ももぺちが〜桃色の服着て、むしょーあしゅらけーん(かなり字余り)ヽ(´ー`)ノ」
posted by momope at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ももぺち話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。