2011年04月26日

ももぺちの新たなる試練、でちぃ

 ここ2週間ほど(日曜限定でちが)、ももぺちは暗黒でアビセアにいってまち。
 ちなみに先週のレベルは60。そして今週はLv67からのスタートでありまち。
ももぺ「あとレベル一つでホーバークが着れるのでち(*´Д`*)」
 更にレベルが上がれば、「禁断」のプラストロン(STR+8 攻+16 被ダメージ+14% リフレシュ)も装備できるのでありまち!
 ということで、いろんな胴装備+武器(鎌と両手剣)をかき集めて、アビセアにれっちごーしたももぺち。
ももぺ「レベルがあがったのでちぃぃヽ(´ー`)ノ」
 早速ホーバークを着てみまちた。
ももぺ「うにゅ! 暗黒っぽくなってきたのでち!」
と自分の格好に大満足のももぺち。
 さらに……
ももぺ「ヽ(´ー`)ノ どんどんレベルが上がっていくのでちぃ!」
 まさにうなぎのぼり、天井知らずのアビセアでち!
 気が付くと、ももぺちの胴はプラストロンに。そして装備していた鎌もヴァサーゴサイズからデスサイズに…………。
ももぺ「はうぁ…」
 そちて気づいてしまいまちた。
ももぺ「スキルが…。じぇんじぇん上がってないのでち…(つд・)」
 レベル60のままなスキル(もちかするとそり以下かも!)な現状にぼーぜんとなるももぺち。
ももぺ「こ…こうなったら、敵を叩いてスキルをあげるのでちぃヽ(`Д´)ノ」
 しかし、低スキルが邪魔をしてすっかすっかに空振るもも暗。どんなにお寿司を頬張っても、手にした鎌は空を斬るのみ。
ももぺ「……えるるん……」
 隣でナイトを上げているえるるんを見上げまち。
ももぺ「スキル上げ、手伝ってくださいなのでち(つд・)」
えるるん「……(ただただ諦めのため息)」

 ところで、ももぺちが参加している週末アビセアでは時間稼ぎをしつつドミニオンをした後、トリガー(もしくは時間)のNMをやってたりしまち。
 その際、NMの弱点を突く(赤びっくり・青びっくり・黄色びっくり)わけなのでちが……。
ももぺ「せめてドレインとかアスピルとか、魔法でお手伝いしたいでちね。あぁ、あと赤びっくり用に『おぶです(シャドーオブデス)』くらいはできるでちかね」
 時間的に青びっくりもあるようでちたが
ももぺ「まぁ、片手剣・両手剣・片手斧・両手斧・両手鎌・片手刀・両手刀と7つもあるんでちから、ももぺちの出番がある訳ないでちよねぇ」
と、のんびりほっぺけと構えていたのでちが、
びもしゃん「鎌だ」
 ほぺ?
びもしゃん「青弱点、鎌w」
 えっとえっと……。
ももぺ「『くろすりーぱー』と『すぱいらるへる』。ほぺ、なんでちかねこりは (´・ω・`)?」
 ももぺちのWSの一覧にそんな言葉はありまちぇん。

 ・クロスリーパー:スキル225で習得する両手鎌WS。2回攻撃。TPダメージ修正。連携属性は湾曲。暗黒騎士のみが使用可
 ・スパイラルヘル:スキル240以上でLv71以上で発生するクエストをクリアする事で習得、使用できるWS。
ももぺ「はうあぁ!」
 ちなみにももぺち以外に暗黒の人はいまちぇん。そちてぱーちーに戦士さんも獣さんもいまちぇん。
ももぺ「はうあうあぁ!」
本しゃん「がんばれw」
ももぺ「うえーーーーーーーん(つд・)」
 なぜでちか、なぜ両手鎌なのでちか。
 こりが両手剣だったら……
ももぺ「えるるんに押し付けることができたのに…。うえーーんでちぃぃ(つд・)」
えるるん「結局、スピン(スピンスラッシュ)もグラスト(グラウンドストライク)もできないのかよ!」
ということで、宿題が増えたももぺちなのでちた、もぺ。

ももぺちの独り言:「昔ほどスキルの上がり具合が悪いわけじゃないでから、すぐにあがるでちよね……。上がるといいなでち……」


posted by momope at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | もも暗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

ももぺちが未だにわからないこと、でちぃ

 週に1回(もしくは2回)、ももぺちはアビセアにいっておりまち。
 ここで、いつも悩むことがあるのでちが……。
ももぺ「うにゅ、困ったでち」
 アビセアには3種類(4種類?)の箱がありまち。
 1つ、青い箱。こりは時間とかクリオとか経験値とか回復とかあと、てんぽらりんとかも出してくれたりしまち。なのでこりは開けることが多い箱。
 2つ、金色の箱。こりは大きいのと小さいのがありまちが、まぁアイテムが入っている箱なので、中身を見て開けたりしまち。
 そして……
ももぺ「ふむぅ、でち」
 赤い箱を目の前にして、ももぺちはいつも考えまち。
ももぺ「この箱は開けてもいい箱なのでちかね?(´・ω・`)」
 赤い箱はいろんな色の光がはいっていまち。
 青・白・赤・黒・黄・銀色、そちて金色。そのどの色をいつ開ければいいか。ももぺちはさっぱりわからないのでありまち。
 アビセアに入っての序盤はまだいいのでち、主に青い箱がぽっこぽっこと沸くので、その中身をチェックしつつオープンすればいいのでちから。
 しかし、ある程度の時間がたつと、たまーに赤い箱がぷっぷし、それを目の前にするとももぺちの動きは途端に鈍りまち。
ももぺ「うにゅ、黒い光でち」
 こりは今開けてもOKなのでちかね? そりとも、まだまだ後のほうで開けた方がいい箱なのでちかね? (´・ω・`)
 わからない、あぁ、わからないのでありまち!
 なので、ももぺちはいつもびもしゃんに尋ねまち。
ももぺ「びもしゃんびもしゃん、この黒の赤い箱は開けてもいいのでちかね?」
 するとびもしゃんはこう答えまち。
びもしゃん「開けていいよー」
 とか
びもしゃん「まだーーー」
 とか

 ………………

 …………

 ……

 …

ももぺ「くわーーーーーーーーーヽ(`Д´)ノ」

 そのタイミングはどこなのでちか!? どこでわかるんでちか?
 勘でちか? フィーリングでちか? そりとも神様のお告げでちか?
ももぺ「わからんのでち、ももぺちにはそりがわからんのでちぃヽ(`Д´)ノ」


 なので今日も、ももぺちは言うのでち。
ももぺ「ほぺ、この銀色の赤い箱はあけてもいいのでちかね?(´・ω・`)」

ももぺちの独り言:「だりかももぺちにそのタイミングとフィーリングを教えてくださいなのでち(つд・)」


posted by momope at 20:18| Comment(4) | TrackBack(0) | ももぺち話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。